趣味に生きる鳩になりたい

仕事に疲れた社会人が趣味に生きたいと切に願うブログ。趣味(野球や映画鑑賞などなど)についてや日々の生活について、のんびり気ままに書いていこう思います。

【スポンサーリンク】

【2019年】埼玉西武ライオンズ春季キャンプ情報まとめ

こんにちは、ざっきゃとんです。

 

もうすぐ2月ということで、プロ野球は春季キャンプのシーズンが近づいてきましたね。私もいつかはキャンプの見学に行ってみたいものですが、今回はライオンズのキャンプ情報について確認をしてみましょう。

 

【スポンサーリンク】

 

ã­ã£ã³ãã®ã¤ã©ã¹ãããã³ãã¨åéã

春季キャンプの基本情報

A班

日程

2/1(金)~2/18(月) 宮崎県日南市南郷中央公園

(休養日:2/4(月)2/9(土)2/14(木))

2/20(水)~2/24(日) 高知県立春野総合運動公園

メンバー

投手:今井、増田、松本航、多和田、齊藤大、高木、野田、平井、粟津、内海、森脇、榎田、佐野、田村、相内、マーティン、本田、武隈、ニール、ヒース、郭

捕手:森、駒月、中田

内野手:山野辺、外崎、源田、佐藤、山川、山田、金子一、中村

外野手:栗山、金子侑、木村、鈴木、愛斗、秋山

 

B班

日程

2/1(金)~2/27(水) 高知県立春野総合運動公園

※2/20~2/24は高知市東部総合運動場で実施

メンバー

投手:渡邉、髙橋光、大石、十亀、中塚、小石、伊藤、小川、カスティーヨ、廖、國場、南川、平良、松本直、藤田、髙橋朋、與座、東野、大窪

捕手:岡田、牧野、齊藤誠、中熊

内野手:水口、永江、呉、西川、綱島、メヒア

外野手:熊代、斉藤彰、戸川、川越、高木

 

キャンプ地について

ライオンズは宮崎県日南市南郷と高知県高知市春野でキャンプを行います。南郷にはプリンスホテルがありますので、選手もそこに宿泊します。キャンプ期間中は一般の宿泊はできません。

イベントもいろいろあるようですね。いつかは行ってみたいものです。 

sports-nichinan.com

ちなみに同じ日南市ではカープやJリーグの横浜FCも同じ時期にキャンプをするので、宿や飛行機はなかなかの混雑になりそうですね。早めに計画を立てないと希望の時間ではいけなくなってしまうかもしれないので注意が必要そう。

 

B班は春野で行います。こちらも例年通りですね。宿泊はホテルSP-haruno-というホテルのようです。こちらもキャンプ期間中は泊まれません。

同じ春野総合運動公園では、同時期にJリーグのアルビレックス新潟もキャンプをしているようですね。サッカーにも興味がある方は、一緒に見学すると楽しいかもしれません。

www.kochi-haruno.org

 

メンバーについて

ルーキー達の割り振りは?

根尾や吉田らに比べてメディアでの扱いに差があり、すっかり地味な存在になっているライオンズのルーキーたちですが、10人中5人がA班でスタートすることが発表されました。

 

ドラ1松本航はA班へ。彼には即戦力としてローテーションに入ってもらいたいので、ここでB班だったら大きなつまずきになります。まずは一安心ですね。

投手ではドラ4粟津とドラ6森脇が同じくA班入り。

粟津は右のサイドハンドで140キロ台中盤の直球とシンカー、スライダーが武器という特徴から、平井と特徴が似ているところがあります。同じタイプの中継ぎを2人一軍に置くのはあまりないかもしれないので、平井越えが1軍定着の一歩でしょう。キャンプでいろいろ技術を学んで成長してほしいですね。

森脇は社卒26歳で、セガサミーでもリリーフで活躍していたので、同じく中継ぎで即戦力が期待されます。身長175cmで上背はありませんが、150キロ近い速球とフォークが決め球と、今のライオンズブルペン陣には少ないタイプなので球威や制球力があれば1軍に食い込む可能性は十分あるでしょう。

野手では山野辺佐藤がA班入りしました。

山野辺は170cmと上背がないのが懸念事項ですが、守備が期待され二塁手で1軍に食い込むことも十分考えられます。小柄な内野手ということで水口、永江と役割が被るところがあるので、打撃面でいかに差をつけられるかが鍵でしょう。源田2世の座を狙うことになるでしょうが、源田って意外にでかいんですよね(179cm)。ただ小柄でも強打を誇る森もいますし、打撃力がアップすれば一気にレギュラーを取る可能性も秘めているでしょう。

佐藤は打撃が期待される選手ですね。富士大卒の選手も多いですし、攻撃力重視のライオンズのカラーに合う選手だと思うので、プロのレベルに慣れれば代打やDHで出場機会も出てくるでしょう。期待です。

 

B班入りしたのは、渡邉、牧野の高卒組と育成の3人です。ここは即戦力というよりは素材を見込んでの指名でしょうから、まずはじっくり身体づくりからですね。2,3年後を見据えて頑張って欲しいところです。

 

 A班に入った期待の若獅子たち

投手では齊藤大佐野相内本田に注目です。彼らは先発で勝負することになるであろう投手です。2019年シーズンのライオンズは先発陣が大きな課題なので、優勝するには彼らの奮起が不可欠です。4人全員が残ることは枠的にも難しいですが、1人2人は定着して欲しいですね。

野手では山田金子一鈴木愛斗の4人に注目ですね。山田、金子は内野のバックアップとして1軍に帯同する機会も増えてくるでしょう。外野の鈴木、愛斗も秋山、栗山などから学ぶことは多くあるでしょうから、キャンプで大きく成長して欲しいですね。

 

B班でも期待したい!

B班と言っても単純に2軍というより調整の問題でということもあるので、今B班だからどうということもないと思いますが、髙橋光、中塚、伊藤は1軍で活躍して欲しい選手です。奮起を期待しましょう。

野手でも水口、永江、呉は山野辺に対抗心を持って切磋琢磨して欲しいですね。

 

まとめ 

春季キャンプが終わるとオープン戦が始まり、3月29日に開幕を迎えます。選手達は最後の追い込みのため必死になって練習するでしょうから、ファンも温かく応援しましょう。

 

 

ではまた~☺