趣味に生きる鳩になりたい

仕事に疲れた社会人が趣味に生きたいと切に願うブログ。趣味(野球や映画鑑賞などなど)についてや日々の生活について、のんびり気ままに書いていこう思います。

【スポンサーリンク】

【映画感想】『はじまりのうた』はビターで大人な音楽映画!【2019年その3】

 

こんにちは、ざっきゃとんです。

 

わたしは音楽を聴くのも演奏するのも好きなので、どうしても映画も音楽映画に興味を持ってしまいます。今回は前回記事を書いた『シング・ストリート』と同じ監督の作品である『はじまりのうた』(Begin Again)の感想を書いていきます。

例によってネタバレしかないので、未視聴の方はご注意ください。

 

 

作品概要

2013年 アメリカ
監督:ジョン・カーニー
出演:キーラ・ナイトレイ、マーク・ラファロなど
視聴方法:Amazon Prime Video 

www.youtube.com

ざっくりとあらすじ

かつての敏腕音楽プロデューサー、ダン(マーク・ラファロ)は、近年の不振から自身も設立者の一人である会社から追い出されてしまう。家族とも別居をしており、人生に希望が無くなった中でふとライブバーに立ち寄ると、友人に誘われ偶然来ていたグレタ(キーラ・ナイトレイ)の歌を聴く。その曲に心を奪われたダンは、グレタをデビューさせようと目論む。

一方グレタは、歌手としてスターになった元カレのデイヴの元から飛び出してきたばかりで、失意のまま故郷に帰ろうとしていたため、最初はダンの話に乗り気ではなかった。しかし、ダンの話を聴くうちに挑戦を決意する。こうして2人の反撃が始まった。

f:id:zakkyaton:20190114194835p:plain

アルバム制作を決意する2人/『はじまりのうた』より

会社を首になったためお金がないダンは、グレタを売り込む用のデモテープをつくるため、ニューヨークの街中で収録を開始する。そんな破天荒な状況に、グレタも魅力を感じ、作品は遂に完成する。

そんな中、浮気男でグレタの元カレのデイヴは、グレタがデイヴとの決別を歌った曲を聴き、グレタへの愛を再確認する。最初は拒絶するグレタだったが、デイヴのライブで2人の思い出の歌を聴き、デイヴのもとに戻ることを決心する。

グレタのデビューや、その功績によるダンの会社への復帰も決まった後であったが、グレタとダンは契約をやめ、収録した曲をネットで勝手に配信し、2人はスッキリするのであった。

 

ストーリーについて

良かった点

会社をクビになったおじさんと失恋により自分を見失っていたお姉さんが出会い2人が自分を取り戻していくというストーリーは、上昇しかないので観ていてすっきりしますね。途中ニューヨークを散歩しながら、一つのオーディオプレーヤーからイヤホンで一緒に音楽を聴くシーンは、年が離れていても2人の心が通じ合った瞬間でした。

f:id:zakkyaton:20190114224502p:plain

2人の間には信頼関係が芽生えた/『はじまりのうた』より

でもここで安易に2人がくっつかないところがまた良いですね。2人の間に恋愛感情まであったのかは明確には表現されていませんが、ダンには別居中とはいえ妻がいるし娘がいる。音楽制作の過程でダンの娘バイオレットとも親交を深めたグレタは、ダンの家族がまた元通りになることを望み身を引いたのでしょう。

グレタがデイヴのもとに戻ったのかは明言されていませんが、ラストシーンでグレタは自分を取り戻し、歩く道筋もはっきり見えていたのでしょう。爽快感があるラストでした。

  

気になった点

即席のバンドメンバーを集めるダンとグレタですが、その時に参加したバイオリン、チェロ担当の俳優さん2人が、明らかに楽器経験者でないことが少しひっかかってしまいました。まあ私が楽器を少しかじったことあるからなんですが。主役級が経験ないのは仕方ないと思えるのですが、セリフも大してない脇役なので、経験者を起用すればいいのに~と思ってしまいます。

f:id:zakkyaton:20190114225424p:plain

バンドメンバーたち/『はじまりのうた』より

  

音楽、その他演出について

良かった点 

グレタ役のキーラ・ナイトレイは女優さんですが、温かみがあり非常に心地よい歌声でした。さすがに熱唱系の歌ではないのですが、それが雰囲気を出しており、作品の雰囲気にフィットしています。浮気男のデイヴはマルーン5のアダム・レヴィーンなので、当然ながらとても歌が上手いです。とてつもない高音が素晴らしいです。楽曲も素晴らしいので、ぜひサントラを聴いてほしいですね。

 

音楽業界を舞台にしており、売り上げの大部分を事務所に持っていかれそうになることに反発したり、ネット配信したりと現代の音楽業界を反映した世界になっているのも見やすいポイント。インフルエンサーがSNSで触れた作品が注目を浴びるというのも、現代そのものですね。

 

気になった点

マイナスというわけではないのですが、登場人物がみんな良い人ばかり。グレタの友人のスティーヴなんか、美人の友人が自分を頼って居候しに来たら、普通自分に気があると思いますよね(笑)でも彼女には手を出さず、音楽制作に協力してくれます。なんて聖人なんでしょう。

 

あとは最後のシーン、グレタの契約の話を無しにして勝手に楽曲を1ドルで配信してしまい、冒頭でダンをクビにしたサウルに一矢報いる描写もスカッとして気持ち良いのですが、ダン今後大丈夫なのか…と少し心配になりました…(笑)

余計なお世話か。

  

私の評価

ずばり、

8点(10点満点)

です。

 

うん、この監督さんの作品は私の好みにとても合います。以前書いた『シング・ストリート』も同じジョン・カーニー監督で、『はじまりのうた』のほうが昔の作品になりますが、どちらも素晴らしい映画ですね。音楽と映像の見せ方が見事で素晴らしいです。ストーリーも良い。すごいどんでん返しがあるわけではなく、基本的にはのんびり進行する作品ですが、それがとてもしっくりきます。

SFみたいなドンパチ映画が好きな人はあまりこの映画を見ようと思わないかもしれませんが、主役の2人が結ばれるわけではないちょっぴりビターな、でもスッキリとした物語は、まだ観ていない人には大いに勧めたい作品でした。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

ジョン・カーニー監督の作品では、後は『ONCE ダブリンの街角で』という作品が有名ですね。まだ観たことないので、機会があればぜひ観てみたいと思います。

では今回はここまで。次回もよろしくお願いします~。

 

hajimarinouta.com